プライバシーについて

「<プライバシー>とは、対人的な気づかいをいっさいしないですむときに人が感じるものである」と定義しているように、それは「人が他人に気を使わずにすむ自然な状態におかれたときに(多くは独りになったときに)その人の内面で展開する、その人特有の生理的・感覚的・感情的プロセス」

と、ミシェル・オダン著 「水とセクシャリティ」の中で記されています。

 

感情を表現すること。本能の解放、感情の解放、身体の解放が自然なかたちで行われること。

適度は暗さや静けさ、自身が心地よいと感じる領域や距離感。自由な状態。

自分自身との関係性、他者や社会との関係性、空間や環境など、さまざまな場面において、

このプライバシーに関する在り方は、とても共感するところであり、大切なことだと感じています。

 

セッションやワークにおいては、ご自身の完全に自由な領域で解放できるよう、

できる限りプライバシーに配慮していきたいと思っております。

 

その為、セッション、ワーク中の写真撮影、録音等は控えさせていただいております。

当事者同士の本心からの同意を得られて場合はこの限りではありません。

ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。